「モダン・タイムス」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★☆
作品名 モダン・タイムス
原題  MODERN TIMES
製作年 1936年
製作国 アメリカ
時間  87分
製作・監督・脚本・音楽  チャールズ・チャップリン
音楽  アルフレッド・ニューマン
出演  チャールズ・チャップリン、ヘンリー・バーグマン、
ポーレット・ゴダード、チェスター・コンクリン

機械文明を風刺した喜劇。工場で働くチャーリーはネジを締める動作が私生活でも止まらなくなり病院送りに…。

80年も前の映画なのに、機械文明の恐ろしさを見事に予見しています。笑いと風刺があって、温かさもあります。
「ティナティナ」という曲を歌い、初めてチャップリンが声を聞かせているのですが、なかなか歌も上手です。作曲だけでなく自分で歌も歌えるなんて本当に天才!イメージにもぴったりな歌声でした。
ラストの「スマイル」という曲も名曲で、後に歌詞が付けられてナットキングコールやマイケルジャクソンにカバーされています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい