「レディ・プレイヤー1」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★
作品名 レディ・プレイヤー1
原題  READY PLAYER ONE
製作年 2018年
製作国 アメリカ
時間  140分
公開日 2018年4月20日
監督  スティーヴン・スピルバーグ
原作  アーネスト・クライン
脚本  アーネスト・クライン ザック・ペン
出演  タイ・シェリダン オリヴィア・クック
マーク・ライランス サイモン・ペッグ
T.J.ミラー ベン・メンデルソーン 森崎ウィン

 

レディ・プレイヤー1(字幕版) prime video

2045年、VR(バーチャルリアリティーワールド)の「オアシス」という世界に人々が夢中になる世の中。仮想現実と現実の世界で遺産争奪戦が繰り広げられます。

ゴーグルを付けて入り込むVRの世界が生活の中で大きな割合を占めている近未来。現実とVRの両方で話を進めて行く展開は映画「マトリックス」にも似ていますが、こちらは娯楽要素が強く、観客もゲーム感覚で楽しめるアドベンチャー。アニメやゲームマニアを喜ばせる演出もたくさん散りばめられています。日本のアニメやキャラクターも複数登場するので、そういうところは楽しかったですね。欲をいえばVRの中のアバターにもう少しリアルな人間味というか魅力が欲しかったですけどね。

仲間のプレイヤーとして登場した森崎ウィンさんは、台詞はそんなに多くありませんが、とても良い感じの存在感でした。日本の俳優さんでPrizmaXというグループのボーカルだそう。今後注目ですね。

原作はアーネスト・クラインの「ゲームウォーズ(上) (SB文庫)」「ゲームウォーズ(下) (SB文庫)


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい