「ライオン・キング」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★
作品名 ライオン・キング
原題  THE LION KING
製作国 アメリカ
時間  119分
公開日 2019年8月9日
監督  ジョン・ファヴロー
脚本  ジェフ・ナサンソン
声優  ドナルド・グローヴァー
セス・ローゲン キウェテル・イジョフォー
アルフレ・ウッダード ビリー・アイクナー
ビヨンセ・ノウルズ=カーター
ジェームズ・アール・ジョーンズ
吹替  賀来賢人 江口洋介
高畠亜生 亜生 門山葉子

ライオン・キング (オリジナル・サウンドトラック デラックス版)Amazon

 

1994年公開のディズニーアニメ『ライオン・キング』のフルCGリメイク。

なぜか実写版という謳い文句で公開されましたが、CGなのでアニメという方が正しいと思います。ただ映像は94年公開のアニメ版とはまるで違って、まさに実写のようにリアルに見えました。
特に背景は、CGとは思えないほど奥行きがあって、迫力ある大自然でしたね。動物たちも、毛並みなどあまりきれいにし過ぎずに、野生動物らしく描かれていたと思います。そのせいでライオンの姿も可愛らしいというよりは、実際のライオンっぽく猛々しく見えました。
ただストーリーの方はもうよく知っているだけに、新鮮さはなかったです。CGの進化がすごいな~という部分に感心しきりの作品でした。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい