「リトルプリンス 星の王子さまと私」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★
作品名 リトルプリンス 星の王子さまと私
原題  THE LITTLE PRINCE
製作年 2015年
製作国 フランス
時間  107分
公開日 2015年11月21日
監督  マーク・オズボーン
脚本  イリーナ・ブリヌル、ボブ・パーシケッティ
美術  ルー・ロマーノ、セリーヌ・デルモ
音楽  ハンス・ジマー、リチャード・ハーヴェイ
声優  マッケンジー・フォイ、レイチェル・マクアダムス
     ジェフ・ブリッジス、ジェームズ・フランコ
     マリオン・コティヤール、ベニチオ・デル・トロ
吹替   鈴木梨央、瀬戸朝香、津川雅彦
     伊勢谷友介、滝川クリステル、竹野内豊
     壤晴彦、土師孝也、ビビる大木、

 

リトルプリンス 星の王子さまと私 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
鈴木梨央
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-03-23
「星の王子さま」の原作を基に作られたアニメ。
若い頃に星の王子さまに出会ったという老飛行士は、隣の家に越してきた女の子に星の王子さまの物語を伝えます。少女はすっかり夢中になってしまいます。

 

原作の「星の王子さま」は私も好きな本です。
不思議な雰囲気があって、哲学的でもあるんですよね。
最初、現代的なアニメの画から始まったので心配しましたが、「星の王子さま」の部分では原作の挿絵に近い画になり、世界観がイメージ通りだったのでほっとしました。
原作の外枠のお話は正直そんなに好きではなかったのですが、イメージは壊してないと思います。

 

美しい言葉と美しい絵に感動しました。
原作を最後に読んだのが今年の夏頃だったのも良かったです。
好きなシーンが映像化されているだけでも嬉しかったので。
そして改めて星の王子さまのお話が好きになりました。

 

星の王子さま (新潮文庫)
サン=テグジュペリ
新潮社
2006-03

 

 

《この映画を観ながら、お月様の花ちゃんを想いました。

私が以前一緒に暮らしていたうさぎです。
映画を観た後、お月様も笑って見える気がしましたよ》

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい