「シェイプ・オブ・ウォーター」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★☆
作品名 シェイプ・オブ・ウォーター
原題  THE SHAPE OF WATER
製作国 アメリカ
時間  124分
公開日 2018年3月1日
監督  ギレルモ・デル・トロ
出演  サリー・ホーキンス マイケル・シャノン
リチャード・ジェンキンス ダグ・ジョーンズ
マイケル・スタールバーグ オクタヴィア・スペンサー
制限  R15̟+

 

シェイプ・オブ・ウォーター (字幕版) prime video

米ソ冷戦時代のアメリカ政府の極秘研究所で、声を出せない女性清掃員と、水の中で生きる半魚人のような男性が出会います。異種間で芽生える愛を描いたラブストーリー。アカデミー賞4部門受賞。

もう少し幻想的なファンタジーを想像していましたが、妙にリアルな男女の恋愛が描かれていました。
研究所での虐待があったり、猫を食べるシーンがあったり、目を覆いたくなるような場面もあって、表現がちょっときつかったです。R15+に納得ですね。

その代わり、ストーリーに関しては、ロマンティックだったし純粋だと思いました。お互いに外見も中身もありのままを愛し合ってるので、真実の愛だと感じましたね。必ず最後に変身してハッピーエンドになるディズニー映画とはちょっと違ってこういうのも素敵です。

テーマはとても良かったので、生々しいシーンに嫌悪感さえ抱かなければ、感動できる映画だと思います。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい