「四月は君の嘘」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★
作品名 四月は君の嘘
製作年 2016年
製作国 日本
時間  122分
公開日 2016年9月10日
監督  新城毅彦
原作  新川直司
脚本  龍居由佳里
出演  広瀬すず 山崎賢人
石井杏奈 中川大志
甲本雅浩 本田博太郎
板谷由夏 檀れい

人気コミックの実写映画化。母の死後ピアノが弾けなくなったかつての天才ピアニストの少年と、バイオリニストの少女が出会う青春ドラマ。

原作漫画は読んでいません。音楽映画が好きなので観てみました。
最初のうちは演出や台詞がいかにもありがちな漫画のシーンぽくてチープ感が漂っていたので、観るのやめようかなと思うくらいだったのですが、途中からだんだん慣れてきて、いつの間にかわりと真剣に観ていました。ありがちな話ではありますが、切ない想いが爽やかに前向きに描かれていて素敵な青春ストーリーだったと思います。
せっかく題材がいいので、もう少し映像や音楽で感動出来ればもっと良かったのにと思うとちょっと惜しい気がしましたけどね。
主演の2人の演技に関しては批判的なコメントをいくつも見ましたが、原作のイメージがなかった私にはこの役に合っているように見えました。



ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい