「ボヘミアン・ラプソディ」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★★
作品名 ボヘミアン・ラプソディ
原題  BOHEMIAN RHAPSODY
製作年 2018年
製作国 アメリカ
時間  135分
公開日 2018年11月9日
監督  ブライアン・シンガー
脚本  アンソニー・マクカーテン
出演  ラミ・マレク ルーシー・ボイントン
グウィリム・リー ベン・ハーディ
ジョゼフ・マッゼロ エイダン・ギレン
アレン・リーチ トム・ホランダー
マイク・マイヤーズ アーロン・マカスカー

 

ボヘミアン・ラプソディ (字幕版) prime video

世界的に有名な伝説のロックバンド、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの半生とクイーンの軌跡を描いた伝記ドラマ。

音楽映画として最高でした。ミュージシャンの伝記映画はたくさん名作がありますが、その中でも今作は観客を引き込む迫力が圧倒的でしたね。
恐らく脚色されている部分も多くあるだろうとは思いますが、特にクイーンのファンでなくても楽しめるような、映画としてとても面白い作品になっていたと思います。
特にライブシーンは鳥肌もの。よく知っている曲ばかりなのに、クイーンの楽曲がどれだけ素晴らしいか、改めて思い知らされました。しばらくは私の頭の中でクイーンの曲が鳴りやみそうもありません…!


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい