「カーズ/クロスロード」感想

原題  CARS 3
製作年 2017年
製作国 アメリカ
時間  109分
公開日 2017年7月15日
監督 ブライアン・フィー
脚本 ボブ・ピーターソン
声優  オーウェン・ウィルソン クリステラ・アロンツォ
アーミー・ハマー ネイサン・フィリオン
吹替  土田大 松岡茉優
藤森慎吾 戸田恵子
赤坂泰彦 福澤朗 山口智充

スポーツカーが主人公の人気アニメシリーズの第3弾。最新型レーサーが次々と出てくる中、引退を迫られるマックィーンの奮闘を描きます。

大型新人にベテランが抜かれるという、いつの時代も繰り返すテーマが軸になっています。こういうの、なんだかさみしく感じてしまいますね。展開としては、新たなレーサーの仲間も出てきて、楽しいシーンもたくさんありましたが、最後はあれで良かったのか?なんとなく不完全燃焼な終わり方でした。でも人間的(車的?)な成長は見せていたので、その点はよく頑張ってくれたのかなと思います。見せ方自体はとても明るいので、車好きの子供さんなら大喜びかもしれませんね。

吹替え版で観ましたが、吹替えに関してはあまり違和感もなくて良かったです。新たなメンバーに加わった松岡茉優さん、藤森慎吾さんは声が良くてキャラにも合ってましたね。


ブログランキングに参加しています
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。→にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket