「ジョーカー」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★☆
作品名 ジョーカー
原題  JOKER
製作年 2019年
製作国 アメリカ
時間  122分
公開日 2019年10月4日
監督  トッド・フィリップス
出演  ホアキン・フェニックス ロバート・デ・ニーロ
ザジー・ビーツ ビル・キャンプ フランセス・コンロイ
ブレット・カレン グレン・フレシュラー
ダグラス・ホッジ マーク・マロン
ジョシュ・パイス シェー・ウィガム

 

Joker (Original Motion Picture Soundtrack) Amazon

 

アメコミのヒーロー「バットマン」の悪役として知られるジョーカーの誕生秘話を描いたドラマ。大道芸人だった男が犯罪者に変貌するまでを描いています。

アメコミのヒーロー映画はかなり観ている方だと思いますが、その中でバットマンシリーズはいまいち好きな方ではなく、今作も公開してからなかなか観る気がしなかったのです。それでも無視できないほどの評判の良さに負けて観てきました。

そして観なきゃよかったとまでは思わなかったけど、ジョーカーのこれでもかというくらいに続く不幸な人生が描かれていて、しんどかったです。
経済的に苦しくて、病気で、愛に飢えてて、助けを必要としてて、、そんな人がヒーロー映画の悪役なんて、現実的で重すぎます。悪役は欲にまみれた強者の方がいいな…。

でも心に残ったのは事実。ジョーカーの演技は評判通り素晴らしかったと思います。これまでに演じられたジョーカー役の俳優さんはみんな演技力を高く評価されてるので、難しいけどやりがいのある役なのでしょうね。作品によってキャラも生い立ちも変わっているのは、見比べると面白いです。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい