「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★☆
作品名 バッド・バディ!私とカレの暗殺デート
原題  MR.RIGHT
製作国 アメリカ
時間  95分
公開日 2017年5月13日
監督  パコ・カベサス
脚本  マックス・ランディス
出演  サム・ロックウェル アナ・ケンドリック
ティム・ロス RZA ジェームズ・ランソン
アンソン・マウント マイケル・エクランド ケイティ・ネイラ

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(吹替版) Amazon

恋に落ちた相手が凄腕の殺し屋だったことから危険な目に遭う2人。次第に自分にも暗殺者の才能があることを気づいて戦うことになっていくというアクションラブコメディ。

微笑ましい部分と残酷な部分が半々な感じで、軽いノリなのに意外に人がいっぱい殺されるのにはちょっと戸惑いました。普通の女の子がこんなことになってしまうなんて恐ろしい…。
でも軽いラブコメと殺し合いがミックスされてるなんて珍しく、映画としては独特で面白いですね。
かなりB級感ある邦題から受ける印象よりは、もっと内容はスタイリッシュだしちゃんと作られていました。
主演の2人は派手さはないけど実力派の2人。安定した演技が良かったです。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい