「君の膵臓をたべたい」感想

★★★☆
読み キミノスイゾウヲタベタイ
製作年 2017年
製作国 日本
時間  115分
公開日 2017年7月28日
監督  月川翔
原作  住野よる
脚本  吉田智子
出演  浜辺美波 北村匠海 大友花恋
矢本悠馬 桜田通 森下大地
上地雄輔 北川景子 小栗旬

ベストセラー小説の映画化。膵臓の病で余命わずかという少女と、その秘密を知ったクラスメイトの交流を描いた青春ドラマです。

4月に原作を読んだ時、小説というより脚本を読んでるような感じがあったので、映画化はとてもしっくりくるなと思いました。最初から余命僅かと分かってるわけですから、あざとさは感じつつも、やはり泣かされてしまいます。
主人公の少年は何事もなく地味に送っていた高校生活が、彼女との交流でどんどん振り回されていくわけですが、気持ちが追い付くまでに時間がかかるんですね。でも彼女には時間があまりなくて…もどかしいです。とても切ないけれど、人との出会いって大切なものだなって思わせてくれます。
大人になった時の描写は原作にはないもので、必要なかった気も…。主人公の2人に関しては、映画の方がより純粋で魅力的に感じました。


ブログランキングに参加しています
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。→にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket