本「君の膵臓をたべたい」感想

君の膵臓をたべたい
住野 よる
双葉社
2015-06-17

 

 

 

話題になっているようだったので読んでみました。
タイトルにちょっとギョッとしてしまいましたが、内容はそんな変わった話ではなかったです。
クラスメイトの少女が余命僅かと知った高校生の少年。
2人は一緒に時間を過ごすようになって、お互い影響を受けていきます。

純粋な青春ストーリーで文も読みやすく、すぐに読み終わりました。
すごい!と思うような小説でもないし、斬新でもなかったけど、終盤は号泣してしまいました。
好きなタイプの小説ではなかったのに、自分でも知らず知らずのうちに深く感情移入していたようです。


(梅が枝餅)

本筋とは関係ないのですが、福岡の町や食べ物がたくさん出てきます。
読んでるだけで映像が浮かんできてそこは楽しい描写でした。
梅が枝餅は私の大好物です。

 


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket