「KANO~1931海の向こうの甲子園~」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★☆
作品名 KANO~1931海の向こうの甲子園~
原題  kano
制作年 2014年
制作国 台湾
時間  185分
公開日  2015年1月24日
監督  マー・ジーシアン
出演  永瀬正敏 坂井真紀 ツァオ・ヨウニン 大沢たかお

 


1931年、日本の統治時代の台湾から甲子園に出場した嘉義農林学校野球部の実話を、日台混合キャストで映画化した感動の実話。

 

映画サイトの評価が異常に高いことを発見して観に行った映画です。
多くの方が満点を付け、号泣したなどと大絶賛していたため
泣く泣くと思って観てたら涙が出ませんでした。
あんまりそんなこと思わないで観た方がいいですね。
185分という上映時間も、ちょっと長く感じてしまいました。

 

でも確かにとてもドラマティックな話。
こんなことがあったなら、なぜ今まで聞いたことがなかったんだろうと思いました。
実話として知ることが出来たのは良かったです。
ピッチャー役のツァオ・ヨウニンは、現役の野球選手だそうです。
すごく役者さんっぽい、いい顔してました。

 

 

 


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい