「キングスマン」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★☆
作品名 キングスマン
原題  KINGSMAN:THE SECRET SERVICE
製作年 2014年
製作国 イギリス
時間  129分
公開日 2015年9月11日
監督  マシュー・ヴォーン
脚本  マシュー・ヴォーン、ジェーン・ゴールドマン
撮影  ジョージ・リッチモンド
音楽  ヘンリー・ジャックマン、マシュー・マージェソン
出演  コリン・ファース、マイケル・ケイン
サミュエル・L・ジャクソン、タロン・エガートン
マーク・ストロング、ソフィア・ブテラ
ソフィー・クックソン
制限  R15+

キングスマン(字幕版) Amazon

街の不良少年エグジー(タロン・エガートン)はエリートスパイ集団にスカウトされ、秘密裏の活動に参加することに…。
スーツを着こなす英国紳士のスパイアクション。

映像がすごくオシャレでアクションの見せ方がかっこよかったです。
リアリティはあまりないのですが、コリン・ファースも新人のタロン・エガートンもアクションキレキレで決まってました。
スーツや小物使いも英国っぽくて良かったですしね。

ただ殺しのシーンがかなり多く、観終わってからR15だったことに気づきました。
血みどろはないので気持ち悪くはないのですが、むしろすごく華麗に殺人が描かれているのもあまり気持ちのいいものではなかったです。
それがなかったら、かなり好きなタイプの作品だったのですが…。
途中から映画だから死んでないしって割り切って観てましたけどね💦

その辺が気にならない方にはおすすめ作品です。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい