「心が叫びたがってるんだ。」感想

★★★☆
製作年 2015年
製作国 日本
時間  119分
公開日 2015年9月19日
監督  長井龍雪
原作  超平和バスターズ
脚本  岡田麿里
音楽  ミト
声優  水瀬いのり 内山昂輝 雨宮天
細谷佳正 藤原啓治 吉田羊

子供の頃の辛い経験から話が出来なくなってしまった少女が、学校の行事で音楽をやることになり、トラウマを克服していく青春アニメ。

予告編を見た時にあまりにも甘酸っぱい青春ものに感じたのでいい年して感動できるかどうか心配でしたが、思ったよりも感情移入出来たし、観て良かったです。
思春期の頃って色々悩みを抱えていても人に話せなくて、ひとりで抱え込んじゃう事が多いですよね。辛いのは自分だけじゃないのに他の人が何の悩みもないように見えてしまったりして。そんな少年少女たちが打ち解け合って心を開放していく感じ、いいなぁがんばって欲しいなぁって思いながら観ました。
主人公の行動を見ていてかなりじれったいところもありましたが、感動もしました。何より友達が優しくて良かった。高校生のミュージカルかわいかったです。



ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

あわせて読みたい