★★★★☆
原題  LETTERS TO JULIET
製作年 2010年
製作国 アメリカ
時間  105分
公開日 2011年5月14日
監督  ゲイリー・ウィニック
脚本  ホセ・リベーラ
出演  マルコ・ポンテコルヴォ
アマンダ・セイフライド
ヴァネッサ・レッドグレイヴ
ガエル・ガルシア・ベルナル
フランコ・ネロ

イタリアベローナが舞台。50年前の<ジュリエット>への恋愛相談の手紙を見つけた女性が、送り主と彼女の孫息子と一緒に、かつて別れた恋人を探す旅に出る物語。

ストーリーも映像も登場人物も、すべてが美しくて素敵でした。
都合よく綺麗にまとまり過ぎな部分もあるかも知れませんが、私は映画の中くらい夢を見たい方なので、こんな作品が大好きです。
旅の途中で言葉を少し交わすだけの人や、別れを告げる相手など、登場人物の誰も嫌いになれませんでしたね。
自分も素敵な旅を経験したような、とても幸せな気持ちになりました。


ブログランキングに参加しています
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。→にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket