「魔女の宅急便」感想

★★★☆
作品名 魔女の宅急便
製作年 2014年
製作国 日本
時間  108分
公開日 2014年3月1日
監督  清水崇
原作  角野栄子
脚本  清水崇 奥寺佐渡子
出演  小芝風花 尾野真千子
広田亮平 山本浩司 新井浩文 吉田羊
浅野忠信 筒井道隆 宮沢りえ
寿美菜子 YURI LiLiCo

1989年に宮崎駿監督でアニメ映画化された児童文学「魔女の宅急便」を、実写映画化したファンタジー。

アニメが名作なだけにどうしても比べて観てしまいますが、あくまでもあのジブリアニメの実写化ではなく、原作から映画化したものであると思えば悪くなかったと思います。
映像に関しては肝心の空を飛ぶ映像の完成度が低かったのはちょっと残念でしたね。そこだけはもう少し頑張って欲しかったかな。でも建物とか風景、色彩の華やかさはファンタジーの世界感がすごくあって素敵でした。
キキとジジもかわいかったです。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

あわせて読みたい