「セトウツミ」感想

★★★☆
製作年 2016年
製作国 日本
時間  75分
公開日 2016年7月2日(土)
監督  大森立嗣
原作   此元和津也
出演  池松壮亮 菅田将暉
中条あやみ 鈴木卓爾

男子高校生の瀬戸と内海が放課後に河原でたわいもない話をしながら暇つぶしする様子を描いたもの。人気漫画の映画化。

冒頭からしばらく2人が階段に座ってまったりしゃべっているだけの映像が続き、最初はあれ?これ映画?と思いました。でも何かあるだろうと思って観てるうちに、(特に何もないんだけど)2人の変な間合いにだんだんはまって、面白くなっていきました。演技派の2人があんまり演技してない感じが良いですね。爆笑ではないけど、クスって感じ。
そして観終わった時にはもっとたくさん観たかったなと思いました。夜11時くらいから、毎週30分ずつくらい見たいタイプのドラマというかコント?です。原作漫画はまだ続いているようなので、映画も続編が出来たらぜひ観たいです。

映画とは関係ないのですが、ちょっと検索してみたらテレビ東京で10月13日(金) 深夜0時52分から連続テレビドラマ化されるそうです。主演が高杉真宙さんと葉山奨之さんなので、また違った雰囲気になりそうですね。


ブログランキングに参加しています
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。→にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket