★★★☆
原題  MEIN BLIND DATE MIT DEM LEBEN
製作年 2017年
製作国 ドイツ
時間  111分
公開日 2018年1月13日
監督  マルク・ローテムント
出演  コスティア・ウルマン
ヤコブ・マッチェンツ
アンナ・マリア・ミューエ
ヨハン・フォン・ビュロー
ニラム・ファルーク
アレクサンダー・ヘルト
キダ・コドル・ラマダン
シルヴァナ・クラパチ

ある日先天性の病で視力が5%になってしまった青年が、その事実を隠し、5つ星ホテルでの採用を目指して研修を受ける。実話に基づく物語。

久しぶりのドイツ映画。有楽町まで観に行きました。
視力のほとんどを失っても夢を諦めず、見えるふりをして他の人と同じように5つ星ホテルで働くなんてまるで奇蹟。なんて感動的なお話しなんだろと思って観始めました。ところが実際はそんなに簡単に行くはずもなく、実話ならではなのか脚色してるからなのか、主人公に寄り添っていたはずの私の気持ちは一時少し離れ…100%応援出来ないような気持にもなりました。でもそれはちょっと厳しすぎる感想かも知れません。
この物語は夢を諦めてる人に勇気を与えてくれると思いますし、助け合うことの素晴らしさも教えてくれました。素敵な人生になるかどうかは人との出会いが大きいのかもしれませんね。


ブログランキングに参加しています
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。→にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket