「ターミネーター:新起動/ジェニシス」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★☆
作品名 ターミネーター:新起動/ジェニシス
原題  TERMINATOR: GENISYS
製作年 2015年
製作国 アメリカ
時間  126分
公開日 2015年7月10日
監督  アラン・テイラー
脚本  レータ・カログリディス、パトリック・ルシエ
撮影  クレイマー・モーゲンソー
美術  ニール・スピサック
音楽  ローン・バルフェ
出演  アーノルド・シュワルツェネッガー
ジェイソン・クラーク、エミリア・クラーク
ジェイ・コートニー、J・K・シモンズ
マット・スミス、イ・ビョンホン

 

ターミネーター:新起動/ジェニシス [DVD] Amazon


人類抵抗軍のリーダー、ジョンの母・サラを抹殺するため、未来からターミネーターが送り込まれるが、それを阻止するためにジョンの仲間も母サラの元へ送られる。
母の側にはすでに老いたターミネーター(シュワルツネッガー)がいて一緒に戦うことになる。

これまでのシリーズは全て観ていますが、なんだか行ったり来たりで分けわからなくなってきましたね。
今まで共通のテーマ、母が死ぬ=ジョンは生まれない=人類の負けっていう図式でさえ怪しくなってきたようで、今まで観てきたものはなんだったんだろうという気もしました。
何も考えずに今までとは別物として見れば面白かったですけどね。
続編がありそうですが、さらに複雑になっちゃうのでしょうか。
辻褄合わせられるのかなぁ…。
いつになったら未来は安泰になるのでしょう。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい