「ジェイソン・ボーン」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★
作品名 ジェイソン・ボーン
原題  JASON BOURNE
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  123分
公開日 2016年10月7日
監督  ポール・グリーングラス
脚本  ポール・グリーングラス
クリストファー・ラウズ
出演  マット・デイモン
トミー・リー・ジョーンズ
ヴァンサン・カッセル
アリシア・ヴィキャンデル
ジュリア・スタイルズ

ジェイソン・ボーン (字幕版) Amazon

 

元CIAのジェイソン・ボーンシリーズ5作目。
4作目「ボーン・レガシー」は主人公が違うため、ボーン3部作からは10年ぶりの続編。

大好きなボーンシリーズの続編待ってました!
10年経ってだいぶ渋くなりましたね。本当はもっと早く会いたかったです。
ボーンの良いところは頭脳戦とアクション。知力体力どちらも兼ね備えて相手を上回るところがかっこいいところです。硬派で真面目なところも魅力的な主人公ですね。

ストーリーは今作単独で見るとちょっと分かりにくいような。前の3部作とこの後の続編も観て、面白いかどうかという内容なんじゃないかと思います。アクションの方はバイクと車のアクションがすごかったですね。ただ個人的には派手なカーアクションよりも、ジェイソン・ボーンらしい頭を使ったアクションが好きです。
終わり方はやや中途半端ですが、続きも観たいファンとしては逆に嬉しい。続編を楽しみにしたいと思います。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい