★★★★
原題  SULLY
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  96分
公開日 2016年9月24日
監督  クリント・イーストウッド
原作  チェスリー・サレンバーガー
ジェフリー・ザスロー
脚本  トッド・コマーニキ
出演  トム・ハンクス
アーロン・エッカート


2009年にニューヨークのハドソン川に旅客機が不時着した実際にあった航空事故を描く。
乗客は助かったものの機長の判断は正しかったのかが追及されていきます。

この事故のニュースは機長がベテランで大勢を助けたという印象だけが記憶にあって、裏でこんな事があったなんて意外でした。皆助かって良かったね~だけでは済まされない航空事故の厳しさが詳細に描かれていて、機長という仕事の難しさを改めて感じます。
実話ということで少々地味な内容ですが、こういう誠実な作品は私は好きです。

アメリカの災害パニック映画では、人がバタバタ死んでいく中で主人公が自分の家族だけ必死で助けるようなシーンが多いですが、実話となれば違うのですね。一人残らず助かった奇跡に感動しました。

 


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket