「サーカス」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★☆
作品名 サーカス
原題  THE CIRCUS
製作年 1928年
製作国 アメリカ
時間  72分
製作&監督&脚本&出演 チャールズ・チャップリン
出演  マーナ・ケネディ、ハリー・クロッカー

サーカスの団員になって道化を演じるチャーリーは団長の義娘に恋をしますが…。

笑えるシーンがいっぱいの楽しい作品ですがなんだか切ないお話でもあり、ラストもしみじみとしています。面白い動きで人を笑わせて、心は泣いているところがちょっと悲しい。
サーカスの部分ではチャップリンが実際にやっている綱渡りが見ものです。特撮なしですからね、本当にすごいです。
チャップリン作品の中ではあまり有名ではない方ですが傑作ですね。

余談ですが、DVDの特典映像に携帯電話で話す女性が写っているとYOUTUBEで話題になっていました。携帯はない時代なのでタイムトラベラーじゃないかという話ですが、どうなのでしょうね。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい