「スイート17モンスター」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★☆
作品名 スウィート17モンスター
原題  THE EDGE OF SEVENTEEN
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  104分
公開日 2017年4月22日
監督  ケリー・フレモン・クレイグ
脚本  ケリー・フレモン・クレイグ
出演  ヘイリー・スタインフェルド ウディ・ハレルソン
キーラ・セジウィック ブレイク・ジェナー
ヘイリー・ルー・リチャードソン

なかなか上手くいかない恋や友情に空回りしながら成長していく17歳の少女の青春コメディ。

この少女は自己中でひねくれてて色々勘違いしてて、不機嫌になってばかり。見ていて呆れてしまいながらも、なんか共感出来てしまう。悪い子じゃないんだけど、こじらせてるんですよね。どこの国でもこういう17歳はいるのでしょう。
そういえば自分も、自分勝手にむくれてた性格悪い時期あったな~なんて思い出しました。振り返るといろいろ恥ずかしい、でも多くの人が経験してるような困った青春のお話ですね。
素直で真っすぐな青春映画は観ていて気持ちが良いけれど、実はこっちの方が現実的かも。なかなか面白かったです。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい