「レヴェナント:蘇えりし者」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★☆
作品名 レヴェナント:蘇えりし者
原題  THE REVENANT
製作年 2015年
製作国 アメリカ
時間  157分
公開日 2016年4月22日
監督  アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本  アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
マーク・L・スミス
撮影  エマニュエル・ルベツキ
出演  レオナルド・ディカプリオ トム・ハーディ
ドーナル・グリーソン ウィル・ポールター

 

レヴェナント:蘇えりし者 (字幕版) Amazon

アメリカ西部の未開拓地を舞台に、ハンターと動物と原住民とのサバイバルを描いています。
アカデミー賞、主演男優賞・監督賞・撮影賞。

撮影はすごいなと思いました。ディカプリオの演技もすごいなと思いました。
でも正直言って何が面白いのか分からない映画でした。
殺し合い、血みどろのグロイ映像が2時間半続きます。
内臓系が苦手な人、動物が好きな人は見ない方がいいですね。
それを除いたとしても、仲間や家族との絆も復讐相手の存在感も中途半端。
何に感動したら良かったのでしょう。
どうもこの監督とは相性が悪いようです。

レヴェナント 蘇えりし者 (ハヤカワ文庫NV) 文庫 – 2016/2/24 マイケル・パンク (著), 漆原敦子 (翻訳) Amazon


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい