「ズートピア」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★★
作品名 ズートピア
原題  ZOOTOPIA
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  109分
公開日 2016年4月23日
監督  バイロン・ハワード
リッチ・ムーア
ジャレッド・ブッシュ
音楽  マイケル・ジアッチーノ
声優  ジニファー・グッドウィン ジャイソン・ベイトマン
イドリス・エルバ ネイト・トランス

吹替  上戸彩 高橋茂雄 マイケル・狸山

ズートピア (吹替版) amazon

 

動物たちの楽園ズートピアで警察官になったうさぎのジュディが、キツネのニックと共に事件を解決しようとするファンタジーアドベンチャー。

うさぎが主人公のディズニーアニメ!とても楽しみにしていた映画です。
そして期待を上回る楽しさでした。
ディズニーアニメの中でも1,2を争う傑作なんじゃないでしょうか?

まずキャラクターが良かったですね。
軽快な動きとおしゃべりがリズミカルで、ユーモアもあって、かわいくて、とっても魅力的でした。
ウサギも良かったし、脇役のナマケモノも良い味出してましたね~。
スタッフは動物たちの生態や性格を把握するため、18か月もリサーチしたと聞いてなるほどと思いました。
単なる擬人化した動物ではなく、本来の生態をちゃんと生かしてるのですね。

そして今までのディズニーだと映像と音楽は良くてもストーリーに深みがない作品が多くありましたが、今回はしっかりとしたシナリオとメッセージ性があるところが違いました。
うさぎ=弱い、キツネ=ずるい、肉食動物=怖い。そんな様々な偏見が間違いを生むことを描いていること。人間社会でも人種や宗教などの多様性を認め合えたら・・・という大人が観ても考えさせられる内容でした。

監督からのメッセージ。
「この映画で描かれているのは、まさに人間の世界。ズートピアの住人たちは、私たち人間のようなもの。どちらも同じように、性別、年齢、学歴、出身地、見た目…そんな“違い”から生まれる様々な偏見の中で生きています。もし、その“違い”を個性として認め合うことが出来たら、私たちの人生はもっと豊かになることでしょう」

ちなみに本当は字幕版で観たかったのですが、上映してなかったので吹替で観ました。
最初だけ上戸彩さんの顔が浮かんで邪魔しましたが、皆さん吹替は上手で違和感はなかったです。

※もう一つのブログ「うさぎと暮らすということ」の方でも関連記事をアップしました♪


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい