「翔んで埼玉」感想

★★★★☆
作品名 翔んで埼玉
製作年 2018年
製作国 日本
時間  107分
公開日 2019年2月22日
監督  武内英樹
原作  魔夜峰央
脚本  徳永友一
出演  二階堂ふみ GACKT 伊勢谷友介
ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香
成田凌 中尾彬 間宮祥太朗 加藤諒
益若つばさ 武田久美子 麿赤兒
竹中直人 京本政樹

「パタリロ!」の作者魔夜峰央の人気漫画を実写映画化。埼玉県民が東京都民から虐げられている架空の世界を舞台に、自由を求めて戦う埼玉県人を描いたコメディ。

地元ネタ満載で面白かったです。大爆笑とまではいかなかったけど、劇場の中は笑いに包まれてて楽しい時間でした。こんな茶番劇を大真面目に豪華キャストでやってしまう遊び心が楽しい。ブラックジョーク満載ではありましたが、逆に埼玉が好きになる人が多いんじゃないかと思います。私の地元愛も深まりました!
千葉県民からの友情の印に☆半分はおまけです(笑)

エンディングで流れたはなわさんの「埼玉県のうた」は映像も併せて面白かったです。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

あわせて読みたい