「ぼくは明日昨日の君とデートする」感想

★★★☆
製作年 2016年
製作国 日本
時間  111分
公開日 2016年12月17日
監督  三木孝浩
原作  七月隆文
脚本  吉田智子
出演  福士蒼汰 小松菜奈 東出昌大
大鷹明良 宮崎美子 山田裕貴 清原果耶

七月隆文のベストセラー小説を映画化したラブストーリー。京都の美大に通う青年と、彼がひとめぼれした女性との不思議な恋愛を描いています。

SF的な要素に関して突っ込みを入れだすとキリがないので、そのことを言うのは止めておきます。恋愛ものとして観ると、シンプルに良かったです。
全くリアリティがないストーリーなのに、気持ちにはリアリティが感じられたんですよね。
映像もきれいだったし、福士蒼汰さんと小松菜奈さんも雰囲気があって素敵でした。2人のお互いを想う気持ちがすごく伝わってきて、とても切なかったです。



ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

あわせて読みたい