本「ぼくはくまのままでいたかったのに……」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ぼくはくまのままでいたかったのに……
イエルク・シュタイナー
ほるぷ出版
1978-10

 

 

少し暗いトーンですが、絵がきれいで風刺のきいた絵本でした。

森の中で冬眠していたくま。
目覚めると穴の外は工場になっていて、くまは人間に働かされてしまいます。
くまは自分はくまだと主張するのですが、いくら言っても誰も信じてくれません。
とうとうくまはひげを剃って作業着を着て、人間と一緒に働き始めるのです。

変なお話ですよね。
くまをくまと認めない人間と、自分を見失ったくま。
自然を破壊し、動物を支配する人間の恐ろしさを感じました。
くまをくまのままでいさせない、そんな世界は嫌です。
でも人間は怖い動物ですよね。
他の動物の生き方まで変えようとしてるかもしれませんね。
そして人間らしさも自分たちで奪おうとしてるのかもしれません。
自分も自分自身を見失っていないか、ドキッとさせられました。

本「ぼくはくまのままでいたかったのに......」感想

「ふたつの島」は次の記事で。
「うさぎのぼうけん」「うさぎの島」はもう一つのブログで紹介します。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村