「クリード チャンプを継ぐ男」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★
作品名 クリード チャンプを継ぐ男
原題  CREED
製作年 2015年
製作国 アメリカ
時間  133分
公開日 2015年12月23日
監督  ライアン・クーグラー
脚本  ライアン・クーグラー、アーロン・コビントン
撮影  マリース・アルベルティ
美術  ハンナ・ビークラー
音楽  ルートヴィッヒ・ヨーランソン
出演  マイケル・B・ジョーダン、シルヴェスター・スタローン
テッサ・トンプソン、フィリシア・ラシャド
アンソニー・ベリュー、グレアム・マクタビッシュ

 

クリード チャンプを継ぐ男 Amazon

あの「ロッキー」シリーズのロッキーが、かつてのチャンピオンアポロの息子、アドニスのトレーナーになり、勝利を目指します。

ボクシングのシーンはとても迫力がありました。私は格闘技好きなのでよくテレビでも見るのですが、テレビと違って音がすごいし、カメラが近い!大画面で見る試合は、臨場感があり過ぎて怖いくらいでした。
そして、若きアドニスと老いたロッキー、それぞれ色々な物を抱えた2人の関係がとても良かったです。
甘いなれ合いではなくて、ぶつかりながらお互い成長して・・・やっぱりどんなに才能があっても、1人じゃ強くなれませんね。
人間ドラマとしても、スポコンとしても、とてもしっかりしたストーリーと映像で、ロッキーファンはもちろん必見ですが、シリーズを見たことない人でも楽しめると思います。

⇒「クリード 炎の宿敵」感想


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい