「ワイルド・スピード ICE BREAK」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★
作品名 ワイルド・スピード ICE BREAK
原題  FAST 8
製作年 2017年製作国 アメリカ
時間  136分
公開日 2017年4月28日
監督  F・ゲイリー・グレイ
脚本  クリス・モーガン
出演  ヴィン・ディーゼル ドウェイン・ジョンソン
ジェイソン・ステイサム ミシェル・ロドリゲス
シャーリーズ・セロン タイリース・ギブソン ヘレン・ミレン
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス
ナタリー・エマニュエル エルザ・パタキー
スコット・イーストウッド カート・ラッセル

 

ワイルド・スピード ICE BREAK(吹替版) prime video

ワイルド・スピード』シリーズの第8弾。
主人公のドム(ヴィン・ディーゼル)が仲間を裏切って謎の女性と組むことに?

もう第8弾。なんだかんだで全作観ていますが、こんなに続くなんてすごいですね。(これまでの7作のレビューはこちら)最近は毎回興行成績も良いようですし、ファンが付いてきているということなのでしょう。

今回はヴィン・ディーゼルに対するドウェイン・ジョンソンらの最強のチームにこれまでの適役のジェイソン・ステイサムまで登場し、ボスキャラ勢ぞろいなのが楽しい。アクションはやはりすごいです。迫力あるアクションを楽む娯楽作としては最高ですね。ストーリーに関しては…このシリーズは深く考えないようにしています。リアリティはあまりないし、突っこみ出すときりがないので。
とはいえ、このシリーズは敵も味方も簡単にいなくなることはなく、登場人物を大事にしていると思います。ブライアン(亡くなったポール・ウォーカー)へのメッセージもちゃんと忘れていなかったのは良かったです。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい