「ワイルド・スピード MEGA MAX」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★
作品名 ワイルド・スピード MEGA MAX
原題  FAST FIVE
製作年 2011年
製作国 アメリカ
時間  130分
公開日 2011年10月1日
監督  ジャスティン・リン
出演  ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー
ジョーダナ・ブリュースター、タイリース・ギブソン
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス
ドウェイン・ジョンソン、マット・シュルツ
サン・カン、ガル・ギャドット、テゴ・カルデロン
ドン・オマール、ヨアキム・デ・アルメイダ
エルザ・パタキー、マイケル・アービー
フェルナルド・F・チェン、アリミ・バラード
ヨーゴ・コンスタンティン

 

ワイルド・スピード MEGA MAX (字幕版) amazon

ワイルドスピードシリーズの5作目。時系列でいうと4番目の話。

舞台は南米。逃亡生活中のドミニク(ヴィン)とブライアン(ポール)は、永遠の自由を得るために裏社会の黒幕から1億ドルを奪うことを計画し、ドリームチームを結成する。
そこへ連邦捜査官ルーク・ホブス(ドウェイン)が立ちはだかります…。

ワイルドスピードMAX」の続きになる本作。仲間には2に出ていたタイリース(ローマン)、テズ(リュダクリス)らが加わって、捜査官として新たにルーク(ドウェイン)が登場します。
ドウェイン・ジョンソンは俳優さんとして活躍中ですが、元プロレスラーだそうです。ただ者じゃない雰囲気がありますよね。

そして今回はさらにアクションが派手になった印象でした。
最初の頃よりあり得ないような見せ場が増えていってますが、車に疎い私には分かりやすくていいです。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい