「ハリーとトント」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★
作品名 ハリーとトント
原題  Harry and Tonto
制作年 1974年
制作国 アメリカ
時間  117分
監督  ポール・マザースキー
出演  アート・カーニー/エレン・バースティン/チーフ・ダン・ジョージ

ハリーとトント [DVD]  Amazon


一人暮らしの老人ハリーと猫のトントが、離れて暮らす子供達に会いに行くロードムービー。
ほのぼの淡々としていながらも、歳をとるっていうのはこういうことか…と心に沁みるような内容でした。
まだまだ生きる活力があるけれど、居場所が見つからないような環境が切なかった。
老いというテーマだけでなく様々な社会問題も押し付けがましくなく描かれていて考えさせられます。
もっと年取ってからまた観たい作品。
アカデミー主演男優賞受賞。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい