「海賊とよばれた男」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★☆
作品名 海賊とよばれた男
製作年 2016年
製作国 日本
時間  145分
公開日 2016年12月10日
監督  山崎貴
原作  百田尚樹
脚本  山崎貴
出演  岡田准一 吉岡秀隆 染谷将太
鈴木亮平 野間口徹 ピエール瀧
綾瀬はるか 堤真一 近藤正臣
國村隼 小林薫 須田邦裕

 

海賊とよばれた男 [Blu-ray] Amazon

本屋大賞を受賞した百田尚樹のベストセラー小説の映画化。
戦後の日本、石油事業で復興を目指す男性の生き様を描いています。

映画の面白さでいうとやや物足りない部分はあったものの、内容は良かったです。
どのくらい実話に基づいているのか分かりませんが、モデルになったのは出光興産創業者の出光佐三さんだそうで、すごい信念を持って石油の世界で闘い続けた方だったのですね。日章丸事件なども知らなかったので、日本人として観ておいて良かったなと思いました。
岡田准一さんも若い頃から高齢期まで一人で演じる難しい役だったと思いますがとても良かったです。
ただ経営者としてはかっこよかった主人公ですが、妻の目線から見るとどうだったのでしょう。妻とのエピソードは何か不自然というか取って付けた感があってそこだけは感動出来ませんでした。

海賊とよばれた男 文庫 (上)(下)セット Amazon


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい