「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★☆
作品名 イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
原題  THE IMITATION GAME
製作年 2014年
製作国 アメリカ=イギリス
時間  115分
公開日 2015年3月13日
監督  モルテン・ティルドゥム
原作  アンドリュー・ホッジス
脚本  グラハム・ムーア
出演  ベネディクト・カンバーバッチ
キーラ・ナイトレイ マシュー・グード
ロリー・キニア アレン・リーチ
マシュー・ビアード チャールズ・ダンス
マーク・ストロング

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 [DVD] Amazon


第2次世界大戦時、ドイツの世界最強の暗号エニグマを解き明かし、コンピューターの礎を築いた天才数学者アラン・チューリングの波乱の人生を描いた伝記ドラマ。アカデミー賞脚色賞受賞。

難解な暗号を解いていく過程がとても面白くスリルがありました。もちろん数学的な仕組みは凡人が理解出来るレベルではありませんが、天才が謎を解いていく様子が興味深かったです。
そして国を救うために尽力していたにも関わらず、扱いのひどいこと。彼の人生の苦労の数々があまりに痛ましくて切なく、すでに亡くなっていることが残念でなりません。この映画を観た後で、チューリングがどういう人生を送ったのかすごく知りたくなりました。
映画としては脚本も演技も映像も素晴らしかったです。特に変わり者の天才を演じたベネディクト・カンバーバッチは、他の人がこの役を演じるのは考えられないほど良かったです。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい