「雲のむこう、約束の場所」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★☆
作品名 雲のむこう、約束の場所
製作年 2004年
製作国 日本
時間  91分
公開日 2004年11月20日
監督  新海誠
原作  新海誠
脚本  新海誠
声優  吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香
石塚運昇 井上和彦 水野理紗

君の名は。』の新海誠監督の初の長編アニメ。戦後の日本が南北に分断されているという設定のもと、眠り続ける少女を救おうとする2人の少年を描いた青春ファンタジー。

ストーリーに関しては、違う世界があったり眠ってる間の話があったりと、『君の名は。』に通じるものを感じました。今作の方がかなりマニアックで分かりにくい設定ですが、不思議な世界感は嫌いじゃないです。
ただ人物の描写がちょっと好みではなかったです。特に学生時代の男女のシーンは演出もヒロイン像もありがちで、新海監督らしい世界感に期待していた分ちょっとがっかりしてしまいました。その代わり背景の映像に関してはさすがという美しさで、特に空は素晴らしかったです。

全体的には『君の名は。』の原点なんだろうなという印象でしたが、『君の名は。』の方が圧倒的に完成度が高い分物足りず…見る順番が逆だったら良かったかなと思います。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい