「パパはわるものチャンピオン」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

パパはわるものチャンピオン 

パパはわるものチャンピオン prime video

★★★☆

板橋雅弘と吉田尚令の絵本「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」を実写映画化した悪役覆面レスラーと家族のドラマ。新日本プロレスのスター棚橋弘至が映画初主演を務めます。

プロレスはあまり観たことがなく、棚橋さんの試合もちらっとしか観たことがないのですが、この映画はストーリーがとても良くて心に沁みました。映画としてはB級感が漂っていたものの、ハートフルな雰囲気が好感が持てたんですよね。
プロレスという仕事への思いが伝わってきたし、お父さんと息子の絆にもじーんとしましたね。悪役レスラーのお父さんとてもかっこよかった!
私も子供時代は、テレビで見る悪役レスラーがとても怖くて嫌いでした。この映画を観て、今頃になって、悪者扱いしてごめんなさいと思いました。

棚橋さんや他のレスラーの方は演技はお世辞にも上手いとは思わなかったけれど、プロレスラーとして本物のオーラが伝わって来ましたし、試合も迫力があったのでこの配役で良かったと思います。

(個人的に嫌いな虫の)ゴ〇〇〇レスラーという名前とキャラにどうしてもぞっとしてしまったので、それさえなければもっと良かったです。

 

 

作品名 パパはわるものチャンピオン
製作年 2018年
製作国 日本
時間  111分
公開日 2018年9月21日
監督  藤村享平
原作  板橋雅弘 吉田尚令
脚本  藤村享平
出演  棚橋弘至 木村佳乃
寺田心 仲里依紗 大泉洋
大谷亮平 寺脇康文


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい