「500ページの夢の束」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

500ページの夢の束(字幕版)

500ページの夢の束(字幕版) prime video

 

★★★★

自閉症の少女が「スター・トレック」の脚本を書き上げ、脚本コンテストに応募するためにハリウッドへ旅する姿を描いたロードムービー。

アイ・アム・サム」で天才子役と言われたダコタ・ファニングが、可愛らしい女性に成長しています。一緒に旅する愛犬も可愛くて、映像もきれいでした。

ストーリーも良かったです。
自閉症のため一人で遠出することを禁止されている少女が、家を飛び出してしまう。とても心配で、早く誰か助けてくれる人がいればいいのにと思いながら観始めました。でも、たくさん苦労しながら、それでも旅を続けようとする姿に、頑張れ頑張れと応援している自分がいましたね。彼女の一生懸命さに胸を撃たれました。

スター・トレックへの愛もすごいです。マニアックなパワーに、映画ファンとしてはニヤリとしてしまいました。ファン同士ってやはり一瞬で通じ合えるものがありますからね。

自分にできるはずが無いと諦めていることがある人に勇気をくれる作品だと思います。とても爽やかで温かい気持ちになりました。

 

作品名 500ページの夢の束
原題  PLEASE STAND BY
製作年 2017年
製作国 アメリカ
時間  93分
公開日 2018年9月7日
監督  ベン・リューイン
脚本  マイケル・ゴラムコ
出演  ダコタ・ファニング トニ・コレット
アリス・イヴ リヴァー・アレクサンダー
マイケル・スタール=デヴィッド
ジェシカ・ロース マーラ・ギブズ
ジェイコブ・ワイソッキー
パットン・オズワルド ロビン・ワイガート


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい