「パラサイト 半地下の家族」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★
作品名 パラサイト 半地下の家族
原題  PARASITE
製作年 2019年
製作国 韓国
時間  132分
公開日 2019年12月27日
監督  ポン・ジュノ
脚本  ポン・ジュノ ハン・ジヌォン
出演  ソン・ガンホ イ・ソンギュン
チョ・ヨジョン チェ・ウシク パク・ソダム
イ・ジョンウン チャン・ヘジン
制限 PG12

パラサイト 半地下の家族 ポスター Amazon

 

全員が失業中で半地下の住宅で暮らす極貧一家が、裕福な一家の生活に関わっていく様を描いたサスペンス&人間ドラマ。アカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞、インターナショナル作品賞受賞作。

格差社会を描いた作品といえば日本でも「万引き家族」という映画がありましたが、こちらは韓国の話。極貧家族と超お金持ち家族との対比が痛烈な風刺になっていました。

前半はコメディとして面白いし、そこに徐々にスリルも加わって、観る側をどんどん惹き込んで行くシナリオは本当にうまく考えられていて素晴らしかったです。舞台はほとんど家の中なのに、空間も上手く使われていて飽きさせなかったですね。後半も予想外の展開がとても面白かったです。

ただ彼らの感情に関しては少し腑に落ちない部分がありました。経済格差があるとはいえ、人間同士としての情とか、人を騙したり疑ったりすることへの葛藤が全く描かれていない点に違和感を感じてしまったんですよね。もっと人間ドラマがあれば最高だったのになと思います。

それでも娯楽作としては大満足でした。独創的なアイデアが光っていたと思います。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい