「ピーター・パン」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★☆
作品名 ピーター・パン〈2003年〉
原題  PETER PAN
製作年 2003年
製作国 アメリカ
公開日 2004年4月17日
監督  P.J.ホーガン
原作  J・M・バリー ジェームズ・M.バリー
脚本  P.J.ホーガン マイケル・ゴールデンバーグ
出演 ジェレミー・サンプター ジェイソン・アイザックス
レイチェル・ハードウッド リュディヴィーヌ・サニエ
オリヴィア・ウィリアムズ リチャード・ブライアーズ
リン・レッドグレーヴ ジェフリー・パーマー

 

ピーター・パン (字幕版) prime video

有名な「ピーター・パン」の物語をピーターとウェンディーの初恋を中心に実写化して描いたファンタジー。

誰もが知ってるピーターパンのお話を基本的にはそのまま描いていますが、ディズニーとは解釈がちょっと違うような印象。いかにも子供らしいアニメのピーターとウェンディーよりもう少し大人っぽく、思春期の少年少女として 描いている感じです。ネバーランドは美しい一方で、残酷さや切なさも表現されていて原作に近いのかも知れません。

ウェンディーのお父さんとフック船長はジェイソン・アイザックスの一人二役ですが、最後まで全く気づかず、後で知って驚きました。ピーターはまるでアイドルのようなオーラがありました。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい