一昨年の発表からずっと楽しみにしていたピーターラビットの映画化。
2月3日にロサンゼルスでワールドプレミアが開催され、日本での公開が今年の5月と発表されました。
映画の撮影がちゃんと進んでいるのか心配していたので本当に嬉しいニュースです!

監督のウィル・グラックは「ANNIE アニー」の監督。明るく楽しい作品になりそうな予感がします。
ストーリーは、ピーターと優しい女性が住む家の隣にマクレガーさんという男性が引っ越してきてピーターのライバルになるという話だそうで、かなり人間との絡みが多そうな、原作にはないオリジナルストーリーですね。

まだ日本の公式サイトがオープンしてないようですが、英語版の公式サイトはこちら⇩
「ピーターラビット」公式サイト(英語)

そして日本版と海外版の公式の予告編が公開されました。
かなり違った映像になってるので、ぜひ両方見てみて下さい。

日本版予告

UK版予告

日本版の予告編を見ると、原作のイメージに近い癒し系の雰囲気。
英語版の予告編を見ると、かなり現代的なノリになってるような…?!
この感じだとあまり原作の再現を期待しすぎないように、別物として観た方が良いのかも知れないなぁなんて思いながら、とにかく楽しみにしたいと思います!

非公式映画サポーターの我が家のうさぎも楽しみにしています。


(まお:ブログ「うさぎと暮らすということ」)

(作品データ)
作品名 ピーターラビット
原題  PETER RABBIT
製作国 オーストラリア・アメリカ・イギリス
配給  ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開日 2018年5月
監督  ウィル・グラック
原作  ピアトリクス・ポター
脚本  ロブ・ライバー ウィル・グラック
音楽  ドミニク・ルイス
出演  ドーナル・グリーソン
ローズ・バーン サム・ニール
声優  ジェームズ・コーデン エリザベス・デビッキ
デイジー・リドリー マーゴット・ロビー


ブログランキングに参加しています
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。→にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket