「ピクセル」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★☆
作品名 ピクセル
原題  PIXELS
製作年 2015年
製作国 アメリカ
時間  105分
公開日 2015年9月12日
監督  クリス・コロンバス
脚本  ティム・ハーリヒー、ティモシー・ダウリング
撮影  アミール・モクリ
音楽  ヘンリー・ジャックマン
出演  アダム・サンドラー、ミシェル・モナハン
ケヴィン・ジェームズ、ピーター・ディンクレイジ
ジョシュ・ギャッド、アシュレイ・ベンソン
ブライアン・コックス、ダン・エイクロイド
デニス・アキヤマ

 

ピクセル (字幕版) Amazon


偶然レトロゲームの映像を受信した宇宙人が、地球人からの挑戦状だと勘違いして、パックマンやドンキーコングなどゲームキャラに扮して地球侵略を開始する。
それを阻止するため、かつてのゲームチャンピオンたちが戦います。

奇想天外な設定が、しょうもないけど面白いですね。
昔パックマンやドンキーコングを楽しんだ世代の人には楽しい映画じゃないかと思います。
リアルに命がけでゲームするんですからね。
あ、でもそんなに真剣に観る映画じゃないですよ。半分コメディ半分SFな感じ。

私が戦うなら、テトリスかな…(笑)
テトリスなんて意味のない特技だってよく笑われたけど、地球を守るために活躍出来たら嬉しいかも。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい