「名探偵ピカチュウ」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★
作品名 名探偵ピカチュウ
原題  POKEMON DETECTIVE PIKACHU
製作年 2019年
製作国 アメリカ(日本)
配給  東宝
時間  104分
公開日 2019年5月3日
監督  ロブ・レターマン
脚本  ロブ・レターマン ニコール・パールマン
声優  ライアン・レイノルズ ジャスティス・スミス
キャスリン・ニュートン 渡辺謙 ビル・ナイ
吹替  竹内涼真 飯豊まりえ 西島秀俊

【チラシ付き、映画パンフレット】名探偵ピカチュウ Amazon

ハリウッドによる『ポケットモンスター』シリーズ初の実写映画化。ポケモンと人間が共存するライムシティを舞台に、父親の死の真相を捜す青年と名探偵ピカチュウがコンビを組みます。

アニメのポケットモンスターをこれまで一度も見たことがなかったのに、予告編で観たピカチュウがモフモフであまりにもかわいかったのに釣られて観に行きました。期待どおりでしたね。ポケモンたちが皆すごくかわいくて愛嬌があって、その映像を見てるだけでとても楽しかったです。「ポケモンGo」をやったことがあったので、キャラクターを知っていて良かったと思いました。
ストーリーは平凡でしたが、何の知識もなくても分かりやすかったのは良かったです。悪役もそこまで極悪じゃないし、残酷な描写もなく、ほっこり癒されるアクション映画でした。
ちなみに吹替えの竹内涼真さんは、ボールを投げる役でほんの一瞬カメオ出演しています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい