「search/サーチ」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★☆
作品名 search/サーチ
原題  SEARCHING
製作年 2018年
製作国 アメリカ
時間  102分
公開日 2018年10月26日
監督  アニーシュ・チャガンティ
出演 ジョン・チョー
デブラ・メッシング
ジョセフ・リー
ミシェル・ラー

 

Search/サーチ (字幕版) prime video

 

主人公は父娘の2人暮らし。突然失踪した娘を捜すために彼女のパソコンを操作する父親。SNSなどを通じて謎にせまっていくミステリーです。

映像に映るのは、PCの画面と画面を覗き込む父親の顔。もうそれがほとんど。それなのに全然退屈しない、というか全く目が離せないからすごいです。ネットでのサーチの連続を追っていくだけなのに起承転結はちゃんとあって、スリリングなストーリーが展開していきました。

事件の捜査にSNSが使われるのはよくある手法ですが、今まで観たものの中では一番内容が凝ってましたね。これだけ面白いのは脚本が素晴らしいんだと思います。突っ込みどころも少ないし、緻密に練られた脚本ですね。

俳優さんも地味だし、アクションもないので画がちょっと地味だというのはありますが、それでも斬新な映画だと思います。PCの映像にはけっこう気を使って時間をかけて撮影したのだろうと思いました。

本当は文字情報が多い映画は好みじゃないのですが、今作は特別に面白かったのでとても気に入りました。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい