「12人の優しい日本人」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★
作品名 12人の優しい日本人
製作年 1991年
製作国 日本
監督  中原俊
製作  岡田裕
脚本  三谷幸喜と東京サンシャインボーイズ
撮影  高間賢治
音楽  吉田就彦
出演  塩見三省、相島一之、上田耕一、二瓶鮫一
    中村まり子、大河内浩、梶原善、林美智子、豊川悦司

 

 

 

 

 

十二人の怒れる男」をモチーフに、日本でも陪審員制度があった場合を想定して描かれたコメディ。
事件の内容や討論の展開は全く異なっているとはいえ、ここぞという時の台詞は堂々とパクっています。
ひねりを加えたパロディといってもいいのでしょうか。
オリジナルの斬新さには到底かないませんが、さすが三谷脚本という感じでアレンジが上手いです。
日本人が陪審員になるとどうなるのか、オリジナルと見比べて観るのも面白いかも。
もちろんこちらだけ観ても面白いですけどね、“モチーフ”の方を観てない方はぜひ観て欲しいです。

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい