「ベイビー・ドライバー」感想

★★★★★
原題  BABY DRIVER
製作年 2017年
製作国 アメリカ
時間  113分
公開日 2017年8月19日
監督  エドガー・ライト
脚本  エドガー・ライト
出演  アンセル・エルゴート リリー・ジェームズ
ケヴィン・スペイシー ジェイミー・フォックス
ジョン・ハム エイザ・ゴンザレス
ジョン・バーンサル CJ・ジョーンズ フリー

主人公のベイビーは常に音楽を聴いている無口な若い天才ドライバー。彼が犯罪組織のドライバーをさせられ奮闘するクライムアクション。

この映画は予告編を観た時から、そのカッコよさに衝撃を受けました。もう冒頭からスクリーンにくぎ付けです!
ベイビーは見たことない俳優さんで顔はちょっと地味なんだけど、この役は本当に最高でした。カーアクションも、生身のアクションも華麗でカッコイイのです。音楽PVかと思うような映像のリズム感もすごいですね。ミュージカルではないのですが、最初から最後まで、音楽が溢れていて、その音楽が素晴らしいです。
脇を固めるKスペイシーやJフォックスら演じる犯罪仲間は、みんな存在感が凄くて危険でハラハラ。それに対してベイビーとベイビーが出会う女の子は純粋でかわいいです。ヒロインは「シンデレラ」の主演だったリリー・ジェームスでとても綺麗で魅力的。この2人はとても素敵でした。
ストーリー自体は犯罪を描いているので残酷な面もあって、もうちょっと軽い方が好みなのにとは思いましたが、久々に新しいアクション映画を観たなという感じがして、大興奮でした。
続編があるのか分かりませんが、ものすごく観たいです。


ブログランキングに参加しています
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。→にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket