「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★
作品名 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
原題  BIRDMAN OR(THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)
製作年 2014年
製作国 アメリカ
時間  120分
公開日 2015年4月10日
監督  アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演  マイケル・キートン、ザック・ガリフィアナキス
     エドワード・ノートン、アンドレア・ライズブロー
     エイミー・ライアン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]
マイケル・キートン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-09-02

 

 

 

第87回アカデミー賞9部門でノミネート。作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、4部門を受賞。
かつて「バードマン」というヒーロー映画で人気を博した俳優は新作舞台に復活をかけるが、精神的に追いつめられていく…という話。

 

登場人物が全員ストレスを抱えてイライラしてるので、終始癒されない2時間。
怒鳴られっぱなしは、私のような小心者にはキツイです。
逃げ場がないので(落ち着くシーンがない)主人公と一緒に追い詰められちゃったのですね。
思わずどこかに逃避したくなりました。

 

でももっとマニアックで変わった映画かと思いましたが、意外と普通に観れる作品でした。
シーンごとに色々な解釈が出来るのが、映画通の嬉しいところでもあるのかも。
私もどこまでが現実かなぁと注意深く観るのは面白かったです。
結局分かってない部分もあると思いますが、2回観るのはちょっとしんどいかなぁ。

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい