「ソロモンの偽証 後篇・裁判」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★
製作年 2015年
製作国 日本
時間  146分
公開日 2015年4月11日
監督  成島出
原作  宮部みゆき
脚本  真辺克彦
出演  藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也
     富田望生、前田航基、望月歩、西畑澪花
     若林時英、西村成忠、加藤幹夫、石川新太
     佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華
 

 

 

 

前篇では中学校の中で生徒の転落死が起こります。
後編ではその謎を解くための学校内裁判を生徒たちが開きます。

 

前篇に続けて鑑賞しました。
やはり生徒たちの演技は1人残らずとても良かったです。
裁判によって事件の真相を探り、前に進もうという生徒たちの真っ直ぐな気持ちには胸を打たれました。

 

ただ亡くなった少年のこと、私はもっと知りたかったです。
ご両親はどんな想いでしょう、原作では描かれているのかな。
私が生徒だったら、判決が出てもまだ笑顔にはなれなかったと思います。
映画の終わり方としてはこれで良かったのかもしれませんが…。

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい