「ブラック・スキャンダル」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★
作品名 ブラック・スキャンダル
原題  BLACK MASS
製作年 2015年
製作国 アメリカ
時間  123分
公開日 2016年1月30日
監督  スコット・クーパー
原作  ディック・レイア ジェラード・オニール
脚本  マーク・マルーク ジェズ・バターワース
出演  ジョニー・デップ ジョエル・エドガートン
ベネディクト・カンバーバッチ ロリー・コクレイン
指定  R15

 

ブラック・スキャンダル(字幕版) Amazon

 

70年代、実際にいたマフィアのボスをジョニー・デップが演じる実録ギャング映画。

マフィアの主人公と、政治家の兄、FBIの幼馴染という三人の関係に何が起こるのか、予告編を見た時にとても面白そうだなと思ったのですが、特にドラマティックなことは何もないストーリーでした。
内部のせこいごたごたを描いた卑怯で残忍なシーンが多くて、私の好みではなかったです。
個人的には、もうちょっと主人公に悪人なりの魅力があったり、それぞれの強い絆を感じるエピソードがあったり、何か劇的な展開が欲しかったところです。
豪華キャストは良かったのですけどね。薄白髪頭のジョニー・デップは役作りが完璧な分かっこよくないし、カンバーバッチはいてもいなくても良いような役だったので、ファンの女性にはおすすめしません。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい