「ブランカとギター弾き」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★☆
作品名 ブランカとギター弾き
原題  BLANKA
製作年 2015年
製作国 イタリア
時間  77分
公開日 2017年7月29日
監督  長谷井宏紀
脚本  長谷井宏紀
撮影  大西健之
出演  サイデル・ガブテロ ピーター・ミラリ
ジョマル・ビスヨ レイモンド・カマチョ

フィリピンの首都マニラの路上で暮らす少女が、盲目のギター奏者と出会うロードムービー。日本人の写真家長谷井宏紀の初監督作。出演者の大半は路上でキャスティングされたそうです。

目を背けたくなるような現実が描かれていました。家も身寄りもない上に、大人に騙されそうになる子供たちの姿は観ていて辛かったです。それでも強く、希望を捨てずに生きようとするヒロインの魅力的なこと。そしておじいさんの優しさ。ギターと歌声の美しさには聞きほれてしまいました。よく出来た脚本ではないことが、逆にリアリティを感じさせていたと思います。

監督が写真家だからでしょうか、舞台は決してきれいな景色ではないのに、映像が美しくて、いろんな場面場面が写真のように心に残っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい